HOME > WORKS > 安全と明るさを重視した都市型キャンパス

事例一覧に戻る

Works 事例紹介

関西大学 高槻ミューズキャンパス初等部・中等部・高等部様

安全と明るさを重視した都市型キャンパス

安全と明るさを重視した都市型キャンパス

担当者からのひとこと

初等部のクラスルーム・オープンスペースの空間設計と、初等から高等教育までの体格差による流し台等の高さモジュールの提案を行いました。絵具セット・書道セット等の収納プランの他、パナソニックの担当者と密に打ち合わせを行い、AV収納家具の提案も合わせて行いました。実際にきちんと収納できるか少し不安もありましたが、特に問題なく機能しているとのことで、一安心といったところです。こんな大きな案件に携わることが出来、貴重な経験となりました。

田和 博睦田和 博睦
JR高槻駅周辺の都市開発の一貫として計画された関西大学高槻ミューズキャンパス。関西大学念願の、初等教育から高等教育までが融合するキャンパスです。2005年の準備段階から、日本全国の学校や内田洋行協賛のNew Education Expoなどに足を運び、検討が重ねられました。駅前の好立地で、初等~高等教育としてはめずらしい地上13階建の都市型キャンパスは、フロアごとに日本の伝統色からテーマカラーを決定。カラーに合わせて採用された内田洋行の家具・備品類も合わせ、高層ビルの閉塞感を排除し、ICT環境の充実した、明るさや学ぶ楽しさに満ちた空間に仕上がっています。
 
muse01 475 muse02 475
muse03 315 muse04 315 muse05 315
muse06 475 muse07 475

ページ上部へ