HOME > WORKS > 子育てを中心に地域連携を図る、新しい木育実践の場

事例一覧に戻る

Works 事例紹介

日南市様

子育てを中心に地域連携を図る、新しい木育実践の場

子育てを中心に地域連携を図る、新しい木育実践の場

担当者からのひとこと

この施設は木の木育空間を創ろうとしたわけではありません。また木育は子どもたちの為だけではありません。子どもを中心として、大人も子どもも、学生も、じいちゃんやばぁちゃんも、商店街も行政も産業も、みんなで見守り、育てながら、地域の資源である木材の可能性を試行錯誤する、大きな意味での木育を目指しました。そして、施設を作るその過程からたくさんの人が関わり、みんなの思いのこもったオール日南の空間となっています。ここは地域の誇りと自慢の場所であり、子どもと共に皆で育んでいく空間になると思います。 (小林)

下妻賢司下妻賢司
奥ひろ子奥ひろ子
小林健一小林健一
若杉浩一若杉浩一
日南市は海の風景、山の風景、そしてそれを繋ぐ川や運河、地域の資源を活かした加工品や技術、 豊かな人材、そして「飫肥杉」という林産資源に恵まれています。 そこに、市や地域の方々とともに、子育て家庭の親と子ども、多世代の市民が集い、相互に交流し、子どもたちの成長を喜び合える木育推進型の子育て支援センターを作りました。 子育てを最も大切にしながら、地域の人々、資源、英知、文化、魅力を集結した豊かな子育て環境創造そのものが、地域の誇りになり、価値になり、文化へと生成される。 そして地域全体で子育てができる体制づくりによって地域連携を図る、新たな木育実践の場を創出しています。
ことこと-18 ことこと-19 ことこと-20 ことこと-21 ことこと-22 ことこと-23 ことこと-24 ことこと-25 ことこと-26

ページ上部へ