HOME > WORKS > 地域で大切に育てられている杉を、地域の人々が集う場で大切につかう。

事例一覧に戻る

Works 事例紹介

共和薬品工業株式会社 新工場管理棟様

地域で大切に育てられている杉を、地域の人々が集う場で大切につかう。

地域で大切に育てられている杉を、地域の人々が集う場で大切につかう。

担当者からのひとこと

鳥取県の杉でデザインしてください、筧さん! と、いつも大変お世話になっているお取引先様からお声かけ頂きました。
地域の国産材を地域の方々とともに利活用していく、スギダラの活動から始まった未来につながる取り組みの広がりを実感しました。

鳥取県産材:智頭杉(ちずすぎ)
智頭杉ベンチデザイン:狩野新アトリエの狩野新さん
製作:ブリコラージュの城森陽介さん
角材、食堂ハイテーブル杉ハギ板:西粟倉・森の学校さん
ベンチ杉材:鳥取 スギココチさん
食堂テーブル:内田洋行提携工場(鳥取県産杉材の集成天板)
施工:ウチダテクノ河畑さん

筧ひろし筧ひろし
鳥取の山で大切に育てられたスギの木を、鳥取の人々が集う新しい工場で大切につかう。
日本全国スギダラケ倶楽部(スギダラ)のネットワークと、弊社本社RDCメンバーのサポートもあり、鳥取県産材を利活用した おもてなし と 交流 の空間が生まれました。最新のICTツールとともに、お客様をお迎えするレセプション、そして、ここで働くワーカーのみなさんが集う社員食堂空間です。優しい地元のスギの香りに包まれ、とても喜んでいただいています。まちのみなさんに大切に使っていただけると、スギを育てているやまのみなさんもとても誇らしいと思います。

レセプション空間では、自然豊かな鳥取の風景を山の緑、砂丘、海の波や風を色や素材、ベンチの優しいデザインで表現しています。

パワープレイスと内田洋行では、古くから日本人の生活で利用されてきたスギの木を、 現代の働く・学ぶ・集う「場」のデザインの中で楽しく利用する取り組みを日本全国に展開しています。
・国産材活用家具-ウチダの取組
共和2 共和3 共和4 共和5

ページ上部へ