HOME > WORKS > 市民と自治体が滲むように交わる公共空間

事例一覧に戻る

Works 事例紹介

長岡市 シティホールプラザ アオーレ長岡様

市民と自治体が滲むように交わる公共空間

市民と自治体が滲むように交わる公共空間

担当者からのひとこと

建築基本設計より参画させていただいた本プロジェクトでは、設計事務所様との連携から現場担当者との詳細な打合せ、市民調査分析、そして内部空間設計、移転など、庁舎構築に関わるあらゆる場面に一繋ぎで関わりました。設計者、職員、市民、といった様々な視点から同時に庁舎環境のありかたを考えられた貴重な経験でした。

※第25回日経ニューオフィス賞
 (地域ブロック別ニューオフィス奨励賞)
 関東ニューオフィス奨励賞 受賞

小山誠之小山誠之
新しい長岡市役所「アオーレ長岡」は、行政機能のサービス向上と同時に、空洞化が進む駅前市街地の「にぎわい創出」の取組みに位置付けられた複合型施設です。「公」と「民」の交流を活性化するために、特に行政と市民が互いに滲んで交わるような環境を意識して空間計画を行っています。新庁舎構築と同時にスタートする総合窓口をより効果的なものにするために、詳細調査やシミュレーションを重ね、より利用者に優しい行政サービスの実現を目指しました。
media01(960_318) media02(960_318)

ページ上部へ